この記事をシェアする

ユニバーサルホテルとは

ユニバーサルホテルとは

ここで扱うユニバーサルホテルとは、大坂のユニバーサル・スタジオ・ジャパンのすぐ前に位置するユニバーサルシティに存在するいくつかのホテルのことではなく、株式会社ユニバーサルが運営するホテルのことである。
これらのホテルを運営する株式会社ユニバーサルは、岡山県岡山市中区に位置する、ビジネスホテルの運営を本業としている会社である。代表者は畑野未来氏であり、岡山県知事から宅地建物取引業として営業する許可を得ている。資本金は9500万円。
この会社の創業年は不明だが、2010年に岡山県倉敷市の美観地区の近くの市有地を入札によって落札していて、これがチェーン10店舗目となる倉敷駅前ユニバーサルホテルとして、同年にオープンしている。

ユニバーサルホテルの特徴

他のビジネスホテルと違い、ユニバーサルホテルにはどのような特徴があるのだろうか。まず、金額面だが、これはほかのホテルよりかやや安い程度であり、大きな違いはない。
ユニバーサルホテルチェーンの売りどころは充実したサービスである。特に、チェーンの全てのホテルは駅から比較的近い良い立地にあるのと共に、1名から利用できるセミダブルの部屋から最大3名まで泊まれる部屋まで取り揃えているところや、夕食と朝食が基本無料でついているところがよい。確かに、シングル1名での宿泊が1泊4500円程度で、ドリンクバーとサラダバーも存在する夕食および朝食が無料でついてくるのは安上がりと考えられる。夕食はカレーと日替わり定食から選ぶことができ、朝食は26種類の和洋食のバイキングである。
ほかにも、男女に分かれている大浴場や、遠赤外線低温サウナなどが併設のサービスとして存在している。